ひとりごとのように

独身OLが好きなことを書いてます。

わたしの最推し、レジ係の山田さん。

 

よく行くスーパーマーケットがある。

そして、通ってるうちに自分の中で好きなレジスタッフがいることに気づいた。

 

ほとんどが50代の女性パートさん、そして3人くらいは若者。多分、アルバイトの高校生。

 

わたしが好きなパートの山田さん(仮名)は、とにかく速い。レジが速いとやっぱり嬉しいじゃないですか。

 

 

山田さんが商品をスキャンするスピードは凄まじい。手に取った瞬間、いや、その少し前にバーコードの位置がわかっているのだ。だから、その都度バーコードを探すことがない。

また、バーコード打ちしない例外の物、その日の特売の野菜だったり、バラ売り物だったり、値引き商品を手打ちする速さも他のスタッフとは比べものにならない。彼女は時空を超えているのかもしれない。

 

速さだけじゃない。

彼女の魅力はにある。

落ち着いたトーンで、淡々と値段を読み上げている。リズムが狂うことはない。そして淡々と行くのかと思いきや、最後の「レジ袋はご利用ですか?」の声には若干の色気を感じる。また、この時にお客様の目をしっかり見る。「いえ、大丈夫です」と答えると少し微笑み「エコポイントつけますね」と言ってくれる。わたしはこの時実は心の中でにやけている。笑顔もなんかエロ…セクシーなんだもん。

 

 

何度か、エコバッグを忘れてしまったことがある。

その時はこちらがお金を出してる間に、ササーッと商品全てを袋に入れてくれた。もちろん入れ方も綺麗で驚いた。

 

 

そんなわたしの中のベストオブレジレディーの山田さん。

 

今日もわたしは帰り道にスーパーに寄った。

今日はやたらと混んでいた。ポイント10倍デーらしい。

案の定、レジも行列。

7箇所ほどあるレジ列。

わたしはすかさず、山田さんを探す。

 

 

いた!!!

 

やった!

他のレジ列より人が多く並んでいたとしても、わたしはこれまでの経験上、山田さんに並んでおけば間違いないことがわかっていた。よっしゃー!

 

そしてさらに、レジどピークのせいもあって応援スタッフもやってきた。

 

必殺、2人体制レジだ。

 

これはもう勝った。確信した。

1人がひたすらバーコードを読み取り、山田さんがレジ会計をする。

わたしの番が来た。

ポイントカードも用意して、お金もすぐ出せるようにして…と山田さんのペースを乱さないように準備万端にしておいた。

 

スムーズ最高〜!

山田さん、今日もキレッキレ〜!ふぅ〜!

 

なんて思っていたら、

 

 

山田さん「あれ?え、あ、ちょ、えーと…」

 

テンパっている。明らかにリズムが狂っている。

 

 

わたしの前に並んでいた人、そしてその前にレジ終わった人と山田さんの3人でレシートと画面を見比べながらテンパっていた。

 

山田さん「おかしい…ですね。申し訳ありません、す、少し、お待ちいただけますかっ。ちょチーフゥゥー!チィィフゥゥー!!」

 

いつもと違うトーンの声で5メーターほど先のチーフを呼ぶ山田さん。

チーフが全然こないからレジ飛び出して行ってしまった山田さん。

 

 

 

取り残された応援スタッフがわたしのお会計から、どうにかこうにか立て直していた。

 

 

テンパった山田さん。

はっきり言って、

めちゃくちゃ可愛かった。

 

 

帰り道。

「気になる人」から「好きな人」に変わる瞬間ってこういう時なのかもな、なんて思った。

 

 

 

これからもわたしは山田さん一択。