ひとりごとのように

独身OLが好きなことを書いてます。

嵐の活動休止発表について思ったこと。

私は、ここ何年間の中で、

 

「もう無理!ここにいたくない!」

「もう無理!この人から離れたい!」

「もう無理!しばらく仕事しない!」

「もう無理!やりたくないことはやらない!」

 

と、自分の気持ちに割と正直にというか、素直にというか…まぁいってしまえばわがまま。自己中なんだけど、

 

自分の人生で自分がモヤモヤしたことからはスパッと離れて生きてるんです。

 

若い頃は、嫌なことがあっても我慢してたし、嫌な人がいても愛想笑いで付き合っていたし、仕事のストレスは食べるか飲むかで発散していました。

(その発散は一時的でしかなかったんですけどね)

 

 

そんな生き方をもうやめようと思えた30代。

当時の彼とも別れ、住む場所も変え、仕事も変え、新しい趣味を持ち、新しいことを学ぶ。

そんな生活を始めてから、本当に人生って楽しいなって思えたんですよね。

 

歳を重ねていくと「もう若くないし」と、残りの人生をどう失敗せずに生きるか、恥ずかしくなく生きるか、大人らしく生きるかを考えてしまうけど、

私はそうではなくて、自分の人生は他人から決めてもらうんじゃない、私がやりたいことをやって、なりたい自分になれるように努力して、「自分」と向き合って過ごしていく。

そんな「自分中心」の人生を送っていくことも大事なんじゃないかなって思うんです。

 

 

 

嵐の会見を見て、大野くんが「一度自分を見つめ直したい」って言っていたけど本当に当たり前の感情すぎてそりゃそうだよね、そんなトップで20年も働いてたらさ、自分のこと誰も知らないところに行ってみたくなるだろう。

一般人の私でさえ思うことですから。

 

 

芸能界という、特殊な世界で生きている方々ののフラストレーション、ストレスの大きさは想像もできないですね。

 

「無責任」って言葉を言っていた記者がいたけど、どこが無責任なんだろう?

嵐が活動休止したから私の人生終わりだ!責任とってよ!なんていうファンはいるのだろうか?

 

メンバーが何度も何度も話し合った、と言ってるのに「何に時間がかかりましたか?」という質問も変だった気がしたなぁ。

 

 

とにかく「ゆっくりしたい」という気持ち。

みんなあるもんね。

 

 

嵐のライブ行ったことあるんです。私。

今ふぁ〜と思い出しちゃいました。

すごくすごく楽しいんですよね。

今夜はDVDでも見ながら私も改めて自分の人生を見つめ直してみます。

 

 

翔ちゃんが言ってたね、「他の人の思いで誰かの人生を縛ることはできない。」

5人全員がそう思って決めたんだろうなぁ。

嵐ってほんとなんか特別なんだよなぁ。

同世代なのもあって好きなんだけど、なんか本当にしっかりした絆を感じるんだよね。

そういうところにファンは幸せを感じるんだと思います。

 

なんだか、勢い余って書いてしまいました。

最後まで読んでくれて、ありがとうございました。